花粉症の症状で代表的なのは鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみです。

大体、鼻を中心とした症状ですね。

しかし、人によってはその他の症状となる場合もあるのです。

稀にですが、花粉症で咳が出る人がいます。

花粉症と咳の関係について紹介しましょう。

もちろん、咳は肺の病気から来るものではなく、喉が炎症を起こして咳となっているのです。

同時に喉のかゆみを伴うことが多いようです。

このような症状の解消はどうすればよいのでしょうか。

基本的には通常の花粉症を解消する対策と同じです。

咳とともに痰が出ることがありますが、これは鼻水が喉に流れて痰のようになったものです。

鼻の粘膜がアレルギーを起こしているのと同じように、喉の粘膜がアレルギーを起こしているのですね。

耳鼻科で診察してもらうといいでしょう。

咳を放置しておくと、さらにひどくなり喘息になってしまうケースもあります。

いずれにしても、喉のかゆみを止めることが大切です。

花粉症の対策をしながら、喉を労わるようにしてください。

温かいハチミツ湯などを飲むといいでしょう。

風邪を引いて咳が出る時と同じように考えていいのです。

ただし、アレルギーによる症状ですから、マスクなどで花粉をブロックすることを忘れないようにしましょう。

花粉症ではないと思っている人もいるのです。

また、咳のアレルギーが慢性の咽喉頭炎に移行してしまう人もいます。

大事なことは症状が出たら、早めに病院に行くことです。

早いうちであれば症状も軽いので、すぐに解消されるでしょう。