耳鼻科などで花粉症の症状解消のための薬を処方されることでしょう。

これらの薬について考えてみましょう。

花粉症で処方される薬と薬局で販売されている薬があります。

効果は同じではありませんから、それらの違いを知っておくことが大切です。

まず、抗アレルギー薬はヒスタミンの発生を抑制します。

これにより花粉症の症状を軽減することができるのです。

効き目はそれほど強くありませんし、副作用もないため、シーズン中に継続して服用している人も多いようです。

耳鼻科で処方される薬の代表的なものとしては抗ヒスタミン薬のアレジオン、アレロックなどです。

抗ヒスタミン薬の特徴としては眠気が強くなると言う副作用があります。

しかし、即効性が高いために外出時などで症状を抑えたい時に効果的ですね。

市販薬もたくさんの種類があります。

花粉症用とか鼻炎用と書かれているもののほとんどは抗ヒスタミン薬と考えてよいでしょう。

それから、ステロイド薬があります。

これは副腎皮質から分泌されるホルモンですが、これを薬として補充してやることで免疫系の反応を低下させることができるのです。

効き目は強力ですから、解消の効果を自覚することができるでしょう。

しかし、効果が出てくるまでに2日くらいかかってしまうことが欠点ですね。

強力な分だけ副作用も強くなりますから、継続的な使用は勧められませんね。

一般的には点眼液などに少量を含ませることになります。

一時期流行した処方として、ステロイドを注射で注入する方法がありましたが、現在は主流ではないようです。